亜鉛 味覚障害

味覚障害と亜鉛の関係
俺の亜鉛サプリ > 味覚障害と亜鉛の関係

味覚障害と亜鉛の関係

味覚障害,亜鉛,

最近は、味覚がよく分からないといった味覚障害の方が多くなっていることが分かっていまして、高齢者だけではなく20代でも多くなっているそうです。

 

自覚がないことも多いようで、食事を楽しめないといった悩みを抱えてしまったり、人によっては心のバランスを崩してしまう方もいると言われています。

 

味覚障害の原因ですが、食生活の乱れによるビタミンやミネラルの不足が考えられており、特にミネラルの一種である亜鉛不足が大きな原因といった見方がされています。

 

同時に、味覚障害を改善・防止するためには亜鉛の摂取が大事ともされています。

 

ちなみに、亜鉛を摂取している自覚がある場合でも>亜鉛の吸収を阻害するとされているインスタント食品やお菓子などをよく食べていれば、亜鉛を摂取していても亜鉛不足による味覚障害になってしまうことがあると言われていますので、亜鉛の飲み合わせには注意した方が良いと言えます。

 

〜亜鉛は味覚障害に働きかけることができる栄養素だった!?〜

 

亜鉛は、新陳代謝を行なわせる効果があると言われていまして、生まれ変わるスピードがはやい舌の新陳代謝(再生)に関与していることもわかっています。

 

舌の新陳代謝がしっかりと行なわれている場合は、舌にある味覚を感じる味蕾(みらい)の感度が良好になることで、味覚をしっかりと把握することができると言われています。

 

反対に、亜鉛不足で新陳代謝が行なえていない場合は、舌全体の機能が低下することが分かっており、味覚を感じる味蕾の機能も低下して味が分かりにくくなってしまうと言われています。

 

このように、亜鉛は味覚を正常にさせる再生に働きかけますので、味覚障害を改善・防止できると言えます。

 

1ヶ月で味覚が元に戻る!?

 

味覚障害,亜鉛,

味が良くわからなかったり、違うものを食べているような感覚になるなどの症状がある味覚障害は、そのまま放置してしまった場合は重症化してしまうことがあると言われています。

 

重症化した場合は、まったく味を感知することができなくなる事もありまして、完治するのは稀と言われています。

 

このようなことにならない為にも、早めの対策を行なうことが大事となりまして、それには前項で触れた亜鉛の摂取が良好で、亜鉛サプリの場合は一日に必要な量をしっかりと摂る事ができるのでおすすめ度が高いです。

 

舌は1ヶ月で再生されることが分かっていますので、亜鉛サプリの摂取をはじめれば1ヶ月と早い段階で味覚が正常になると言えます。

 

このときの注意点ですが、亜鉛の吸収を阻害してしまうような飲み合わせの悪いものと亜鉛サプリの摂取を避けるといったことが挙げられます。

 

亜鉛サプリの効果と効能一覧